ブルックリンはアーティストが多く暮らす街。

そんなブルックリン在住アーティストの中で、以前にご紹介したブルックリンPLG Artsのボードメンバーとしても積極的に活動しているノール・へフリーさんの作品を今日はご紹介します。

ブルックリンの街に魅了されている人は多いと思うのですが、彼もそんな画家の一人。特に、彼自身も暮らすこのPLG(プロスペクト・ラファーツ・ガーデン)を中心に描いています。

トップの絵は「Parkside and Ocean Avenue, Flatbush」という作品。以下の映像が実際のロケーションです。

作品には彼自身の優しさと、一見物静かで大人しそうに見えるやわらかい感じが色やラインに表れている一方、どこかに彼の意外な大胆さも表れている気がします。ヒップホップのリリックも書いているので、そのリズム感も表れているのかもしれません。



こちらがノールさん。ノールさんの作品はこちらからお楽しみください。

ニューヨークに行ったら、PLGを散歩するのもいいかもしれません。スケッチをしているノールさんにばったり会うかも!

[Noel Hefele]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense