SHARE

どこまでも風通しのいい透明な風景。

アンネ・シュヴァルベさんの作品集を開くと、そんなかざり気のない風景に出会えるような気がします。



写真に写っているのは、鉱物や砂、水面などの名前もつけられないような風景ばかり。でも、その写真をみていると、だんだん静かな気持ちになってくるのが不思議です。



いつの時代なのか、どこなのかもわからない風景。



こちらはまるで、地球以外の星の鉱石のようです。



曇り空か空気の対流を写したようなショット。でも、なぜか温かい感じがします。



シュヴァルベさんは前作「Wiese」(2011)で、自宅周辺の草地を何年も撮りつづけていました。そこで被写体になったのも、野の花や藁(わら)といったものばかりでした。派手で大きな花ではなく、野の花に着目するところがシュヴァルベさんらしいです。



なんのかざり気もないのに、光がある。その不思議な光に、癒されるような気がします。

この作品集は本のように綴じられてはおらず、一枚一枚、そのまま封筒に入っています。そのとりとめのない感じごと、紙のケースに閉じ込められている、そんな作品集です。

この作品集の詳しい情報はこちら
現在開催中の展覧会情報はこちら
画像/素材提供:© Anne Schwalbe

(宮越裕生)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense