SHARE

本当に実現するのか?

スイスにある宇宙システムを開発している会社、スイス・スペース・システム(S3)が250億円かけて人工衛星を宇宙に運ぶ「宇宙飛行機」の試作品を作っています。

この飛行機を使えば、250kgほどの人工衛星を乗せた装置を地上700kmの軌道に乗せることができるそう。そのコストは従来の4分の1、14億円ほどで可能とのこと。

その運び方がこんな感じ。

おおー。

エアバスA300を使って地上から10kmの地点まで宇宙飛行機を運びます。その後切り離された宇宙飛行機は地上80kmまでに上昇、そこはすでに大気圏の上。あとは、上部の消耗部分を切り離して残り620km分を旅させるそうです。

S3は2014年にテスト飛行を行ない、2017年には最初の打上を予定しているとのこと。さらに気になる方は公式サイトをご覧になってみて下さい。

今後、宇宙はもっと身近なものになってきそうですね。

This Space Plane Will Launch Satellites Soon [Fooyoh]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense