極寒の地、ロシアは東シベリアの南部に位置するバイカル湖は、冬の約5ヶ月の間、凍りつくのだそう。

バイカル湖といえば、世界遺産にも登録されており、世界で最も古い湖。また世界で最深の湖でもあり、なんと世界の淡水のうちの1/5の貯水量を誇るそうです。透明度も世界一だとか。世界一づくし!



そんな湖が凍ると、美しいターコイズと透明と白の世界が広がるようです。



こんな画像のような美しい自然現象は3月の特定の時期にしか見ることができないんですって。

「生物進化の博物館」という名にふさわしい湖は、凍ってもとても美しいのでありました。

Shards of Turquoise Ice Jut Out of the World’s Largest Lake[My Modern Met]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking