SHARE

大人だって、すべり台したい!

とデザイナーさんが思ったかどうかはわかりませんが、こちらはニューヨークのとある4階建てのペントハウス。



19世紀後半に建てられた建物の上部は、住居として使われていなかったため、思い切った改築ができたのだそう。ベッドルームや天井まで15メートル以上の高さがあるリビングルームはもちろん、屋根裏部屋、屋内バルコニー、バスルームなど、ゆったりとした空間を使った住居が完成しました。



このおうちで目を引くのは、やっぱりすべり台。磨き上げられたピカピカのステンレスが美しい



白を基調とした室内に天窓から光が入り、とても明るい空間に。



最上階のガラスに囲まれた屋根裏からすべり台がスタート。各階でお部屋に出ることができます。階段もありますよ。



柱には、ボルダリング(クライミング)用のホールドも完備されていて、遊び心がたくさん詰まったおうちになっています。



古くからある建物を大切にしながら、こんなにモダンで楽しいおうちを作ることができる。

すべり台のピカピカを保つのがちょっと大変だけど、毎日ヒャッホー! ってできるもんね。

Skyhouse by David Hotson and Ghislaine Vinas [dazeen]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense