ただでさえ、病院はちょっと不安を感じる場所。だからこそ、少しでもその不安を取り除く工夫があると嬉しい。



オランダのデザイナー、Pim van BaarsenさんとLuc van Hoeckelさんが、マラウイの病院に、古くなった救急車を使って遊び場を作りました。もしかしたら、日本では公園などでたまに見かける光景かもしれないけれど、マラウイではまだまだ珍しいことなのだそう。



救急車にはバリアフリーで入ることができ、運転席に座ってハンドルを握ることもできます。また、すべり台や橋などもあり、子どもたちが登って遊ぶのにピッタリ。



救急車の部品で、様々な遊具も配置されています。



子どもたちは野原だって遊び場に変えてしまう。だけど使わなくなった救急車がこんな風に遊び場になるなら、それもきっと楽しい。
本来の役目を終えた救急車も子どもたちも、笑顔になれそうな遊び場なのでした。

Dutch designers build a hospital playground round a recycled ambulance [It’s Nice That]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking