稲崎 吾郎

稲崎 吾郎

45

なんだかかっこいいぞ!

スペインのデザイナーMaximo Riera氏が制作する「アニマル椅子シリーズ」。これまで6つの椅子が発表されています。

ゴシック調の椅子と見事に調和している動物たち。動物たちが持つイメージに合わせ、それぞれに合った椅子をうまく融合させています。ただのオブジェと言うわけではなく、しっかり椅子として機能するところが素晴らしい。



最後はカエル。醜いものの代表とされるカエルの顔部分をわざとカット。そこに座れるようにしているところに、なんだか皮肉が込められていそうです。

完全オーダーで制作されるというこの椅子。おそらくウン百万円はすると思われます。詳細は公式サイトをご覧下さい。

ちなみに「ゾウ椅子」の重さは160kgもあるそうです。本物に比べたら大したことありませんが、なんせ椅子ですからね…。よく考えて置かないと、動かすのが大変そうです。

Maximo Riera [designboom]
[Maximo Riera]

稲崎 吾郎

神戸生まれ。アート/インテリア/ライフスタイルを中心に様々なメディアで執筆活動を続けるフリーランスライター。数十社以上のメディアでの企画/編集/執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。幅広いフィールドで執筆活動を続けている。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking