なんだかかっこいいぞ!

スペインのデザイナーMaximo Riera氏が制作する「アニマル椅子シリーズ」。これまで6つの椅子が発表されています。

ゴシック調の椅子と見事に調和している動物たち。動物たちが持つイメージに合わせ、それぞれに合った椅子をうまく融合させています。ただのオブジェと言うわけではなく、しっかり椅子として機能するところが素晴らしい。



最後はカエル。醜いものの代表とされるカエルの顔部分をわざとカット。そこに座れるようにしているところに、なんだか皮肉が込められていそうです。

完全オーダーで制作されるというこの椅子。おそらくウン百万円はすると思われます。詳細は公式サイトをご覧下さい。

ちなみに「ゾウ椅子」の重さは160kgもあるそうです。本物に比べたら大したことありませんが、なんせ椅子ですからね…。よく考えて置かないと、動かすのが大変そうです。

Maximo Riera [designboom]
[Maximo Riera]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense