日本人だから。
こんなお茶碗に、心奪われる。

お茶碗をひっくり返せば、そこには小さな富士山が2つ。きれいな青磁の釉薬で富士山をかたどった夫婦茶碗「FUJIWAN」は、長崎県で作られる波佐見焼きでひとつひとつ丁寧に作られています。

大切に作られたお茶碗で、大切に作られたお米を食べる。これぞ、日本人、だと思える瞬間かもしれません。富士山を食卓に。

これは、ちょっと贅沢だ。

FUJIWAN [CIBONE]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense