ヨリエ・スディラジェンコフ

ヨリエ・スディラジェンコフ

“人の手によって”というよりは、“人の体によって”作られたアートです。

このマリリン・モンローをはじめとする肖像画は、アトランタを拠点に活躍するアーティストCraig Alanにより、大勢の人を”ピクセル”として使い、作成されました。

マリリン・モンロー

マイケル・ジャクソン

オードリー・ヘップバーン


最後のオードリーは、美川憲一にちょっと似て……いや、なんでもないです。

Aerial Portraits Of Celebrities Using Hundred of People as Pixel[Design Swan]

ヨリエ・スディラジェンコフ

ヨリエ・スディラジェンコフ

1974年生まれ。百貨店、IT系企業などを経て、前職は大手ネットショッピングモールのPR担当。「クレイジー=褒め言葉」と信じて疑わず破天荒な人生を送ってきたさなか、「ライフハッカー[日本版]」での恋愛記事執筆のお話をもらい、ライター業へと足を踏み入れたのが数年前。特技は手強いデザイナーズマンションを自分色に染め変えてしまうこと。モノとデザインに妥協はないが時折自分に大幅妥協してしまう、エセロシアンな妄想好き自由人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking