SHARE

これ、ほしい!

ワシントンで活躍する画家のTyree Callahan氏が開発したのは色をタイプすることができるタイプライター

仕組みはいたって簡単。アームの先に取り付けられているのはアルファベットではなくインクパッド。キーの色と連動したインクを押すことで紙にタイピングできるというもの。



インテリアにも良さそうです。

仕上がる絵は抽象的な、タイダイ染めのような雰囲気。使われているタイプライターは1937年製のアンダーウッド社のもの。かなりいい味が出てます。

絵の具を飛び散らせダイナミックに絵を描く画家も素敵ですが、タイプライターに向かいひたすらタイプする画家もなんだか素敵ですね。

Chromatic Typewriter [technabob]
[Tyree Callahan]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense