林 美由紀

林 美由紀

おとなだって、病院に行くのはあんまり楽しくないんだもの。子どもたちは、不安だったり、恐怖だったり、色々なものと戦っているはず。

アートと遊びを取り入れることで、病院を楽しい場所に変えてしまおうと、建築家とデザイナーが作ったのが、ロイヤルロンドン病院のプレイルーム。



大きなイスやテレビに、トラやフクロウのぬいぐるみ。まるで自分が小人になったような気分になれる空間。カラフルでいつもとは違う体験に、子どもたちの好奇心はきっと止まらない。



楽しい空間を演出するだけでなく、大きなテレビの前に立つと、まるでおとぎの世界に入ったように、テレビの中に自分が映し出され、体を動かすことで、画面上に線や絵を描くことができたり、音楽を再生したり、雨や雪を降らせたり、虹を作ることもできるというインタラクティブなゲームを楽しむことができるのだとか。



こんな風に遊ぶことができれば、長い待ち時間も気にならないし、何よりもアートや楽しい空間は、心を癒してくれる効果もあるかもしれません。

動画はこちら。

1人でも多くの子どもたちが、苦手な病院をちょっと好きになれるといいね。大人用にもこんな待合室を作ってほしいよ。

Woodland Wiggle Royal London Hospital [MY MODERNMET]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking