明るい」「長持ち

LED照明と聞いて連想されるキーワードはこんな感じではないでしょうか。長持ちすることでエコに繋がると、最近では暮らしにだいぶ定着してきましたね。実際にパナソニックでは、LED照明器具の売上げが昨年度の2倍になったとか。

そんな認知度が上がってきたLEDですが、今回更なる進化を遂げたようです。

本日パナソニックが発表した「パネルミナ」は、フラットでスタイリッシュなデザインの「面発光」LEDで、従来のLEDの特徴に加えて、狭い空間でも広く見せることができるようになりました。更に従来のものと比べて、まぶしさが抑えられていて、面発光でよりマイルドで優しい光になったそうです。

そして発表されたもう一つのもの、それが「シンクロ調色LED」です。これは簡単にLED照明の「光色」と「明るさ」を簡単に変えることができるもの。

家で生活する中で、シーンごとに快適な光色や明るさは違うんだそうです。例えば、作業する時、集中したい時などは白色で明るめ、ご飯を食べるときは電球色、くつろぐ時は少し暗めで電球色、など。個人的には明るさを落として映画や音楽を楽しみたいなぁ。

時間帯やシチュエーションでコントロールすることで、お部屋での暮らしがよりよいものとなりそうですね!

パネルミナ, シンクロ調色 [Panasonic]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking