SHARE

iPhone、iPadにMacと、アップルの業績好調を証明するかのように、気づけばアップルのデバイスばかりという人も、それなりに増えてきたのではないでしょうか。

iPhoneはともかくとして、iPadでそれなりの文章を書きたいときに、やはりあると助かるのがブルートゥースキーボードです。でも、そこでさらにiMacなどデスクトップを使おうと思うと、キーボードばかりが増えてきます。でも、キーボードを同時に2台以上使う人ってまずいませんから、本来キーボードなんて人の数だけあればいいはずですよね。

ということで、1人で複数デバイスを使いまくる生活に合わせて登場しているのが、ロジクールの「イージースイッチキーボード」です。

この「イージースイッチキーボード」の優れたところは、3つのデバイスを1つのキーボードに登録することができ、それをボタン1つで切り替えて使うことができるところ。


このブルートゥーススイッチの1・2・3にそれぞれ使いたい機器をペアリングしておくと、ボタン1つで使いたいデバイスに切り替えて、キーボードをすぐに使えるというわけです。1にMac、2にiPad、3にiPhoneなんていう感じですね。

また、使い勝手を左右するキーボードのタイピングのレスポンスは、とうとうブルートゥースキーボードもこのレベルまできたか! というほどに素晴らしいものがあります。


さらに、キーボードタッチもさすがのロジクール。見た目が美しいだけではなく、軽すぎず、重すぎずという絶妙さです。


なお、この「イージースイッチキーボード」は、マイクロUSBでPCを使いながら充電できるので、電池切れの心配もとても少ないです。

私の場合、普段はMacの前に置いて使っています。


あとは、リビングでiPadで作業するときにキーボードだけ持ってきたりします。そして、私は家でiPhoneをキーボードで使うことはほとんどないので、実は3つ目に登録している機器はPlay Station3です。

アップル製品と同様に設定画面に「Logicool K811」とプレステ3に表示されるので、同じようにペアリングして使うことが可能です。torneで番組検索するときなどに、キーボードがあった方がいい場面はあったりしますし、リビングのテレビでWebを見る場合は、Play Station3のブラウザーを使いますから、ここでもキーボードがあるととても便利ですね。

ということで、そろそろ一家に一台ブルートゥースキーボードという時代になってきたのではないかと思います。どうせなら1台で複数の端末を接続できるキーボードを超おすすめします。

あと、やっぱりリビングで使うものは、デザイン的に優れたものを選びたいですよね。周辺機器ですらデザイン性が高いものが増えてきているのは、ホント時代だなあと思いますね。

Logicool Bluetooth Easy-Switch Keyboard[Logicool]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense