絵画のような、フォトグラフ。

NY在住の写真家、デイヴィッド.S.アリーの作品は、それぞれの窓辺から見える風景を完璧な形で切り出した、まさに精密な絵画のよう。

それは、彼のバックボーンである都市計画というキャリアによる構図とChromogenic color printというプリント技法によって実現されています。



彼の作品は、そこに住む人々の息遣いや、そこに吹く風や匂いを感じます。
いつのまにか、心地の良い作品の世界に吸い込まれそうな不思議な気分になります。

morganlehmangallery

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense