SHARE

この記事にたどり着いた人はラッキー!

日本でも認知度がジリジリと上がってきた「プロジェクションマッピング」。建築物やスカルプチャーなどの立体物に、平面の映像を投映する技法で、実際に建物が動いているように見えるなど、アートの新しいカタチです。

ルーミーではそんなプロジェクションマッピングを何点か紹介してきましたので、こちらでおすすめをまとめたいと思います。


1. アート好き必見! ポーランドの歴史的建造物でプロジェクションマッピング

この作品は投映している建造物にも注目ですね。


2. 次世代のプロジェクションマッピング。360°が表現の幅をグッと上げる

横も上も下も裏も全部投映されてます! 何台のプロジェクターを使っているんでしょう。


3. このスケールは見物ですぞ! スペインの大聖堂でプロジェクションマッピング

世界で最も規模の大きい作品の一つです。これはハズせない!


4. これぞ究極のトランスフォーム。人の顔でプロジェクションマッピング

動物や人間にプロジェクションするなんて斬新!


5. ぐいんぐいんトランスフォームします。シティホールでプロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングの醍醐味と言ってもいい「トランスフォーム」が多く見られますよ。


6. これからの時代はiPadでプロジェクションマッピングができちゃうんです

高いソフトを買う必要はないんですって。


7. 期間限定。東京駅舎のプロジェクションマッピングが帰ってくる!

日本でも知名度が上がってきたプロジェクションマッピング。これは世界に誇れる作品なのではないでしょうか。


8. 「水上ビリヤード」なプロジェクトマッピング

楽しくないわけがないじゃない!

いかがでしたか? この前もきゃりーぱみゅぱみゅさんのライブで採用されたりと、日本でも段々人気が出ている、プロジェクションマッピング。これからも目が離せないですね。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense