SHARE

オーストリアでデザインされたこの雪上スキーは、11時間で32キロメートル以上の最長垂直降下というギネス世界記録を残している”座るスキー”です。



1949年に発明された、座って滑るバイシクル型フレームのツインスキーは、改良に改良を重ねてここまで来たんですね。T字ハンドルで自由自在に滑降できる「Snow Cycle」。このハンドルが、他のバイク型スキーと異なる特徴のようです。足にも短いスキー板を履きます。



クッション性も良くて乗り心地良く、亜鉛メッキフレームは雪、氷、雪解け水などからの過酷さにも耐える、安定感抜群の雪上スキーなのです。車輪はないけど、なぜか”Cycle”という名(笑)。

今年の冬はもう終わりだけど、やってみたいウィンタースポーツの一つですね。

The Snow Cycle. [Hammacher Schlemmer]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense