夜、静かなひと時にアロマを焚きながら読書を楽しむ。なんて素敵な時間でしょう。

でも手元が暗いと目が疲れちゃいますね。寝る前にベッドで本を読みたいというときなど、部屋を明るくすると目が覚めちゃいますし、楽な姿勢でちょうどよい位置に照明を当てたいし。

この「Nachteule」というクリップ型のLEDランプは、60ルクスの明るさで手元を照らしてくれる、強力なミニ・ライト。メガネのフレームに着けることができます。



ちなみに一般の事務室などは100ルクス以上の明るさ、休憩中の映画館やベッドサイドスタンドライトで照らされる寝室などの明るさが10ルクス程度ということですから、明る過ぎず暗過ぎず、ちょうどよい明るさのようです。

リチウムイオンバッテリーで40時間使用できます。一日20分程度の読書なら、120日使える、ということですね。



iFプロダクトデザインアワード2010を受賞。たしかにカッコイイですよね。

ただ、メガネを掛けない人はどうしましょう。

[nachteule]
Nachteule makes night-time reading more ‘enlightening’ [gizmag]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking