パリに行きたくなります!

アメリカ出身で双子の報道写真家としても有名なピーター・ターンリーとデイビッド・ターンリー氏。ピーター氏は、アメリカの雑誌「Newsweek」の表紙を43回も飾ったこともあるほど。

これまで90カ国以上を飛び回り写真を撮り続けたピーター氏が「第二の故郷」と呼ぶパリで40年以上撮り続けているのがこの「フレンチ・キス」シリーズ。彼が撮る報道写真とはまた違った、柔らかな一面を見せています。



さすがは恋する街です。

モノクロで撮られた写真たちは柔らかい光とともにロマンチックな瞬間をとらえています。戦場で人間の様々な葛藤や困難を撮り続けた彼だからこそ、愛や喜びといった瞬間に共感ができるのでしょう。

現在、彼はこれまで撮り続けたこの「フレンチ・キス」シリーズをまとめ、同名タイトルの写真集を製作中とのこと。書店にならぶ日が待ち遠しいです!

French Kiss [pdn]
Peter Turnley [facebook]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense