アメリカの子どもたちにとっては、「RadioFlyer(ラジオフライヤー)」のワゴンや三輪車は、あまりにもなじみ深い乗り物かもしれません。



そして、子ども心を忘れない大人がアラスカに。

Fred KellerさんとJudy Fosterさんは11カ月かけて、1976年製のマツダのピックアップトラックをラジオフライヤーのワゴンに改造。元の車の面影はもうありません。

ボディーにはラジオフライヤーのロゴ。フロントからけん引バーもしっかり出ており、ホイールキャップは洗剤ボトルのキャップを再生利用。ステアリングホイールは、実際のラジオフライヤーのホイールを使っているのだそう。

雨が降ったら、お出かけは当然できない。
それに、この車を公道で運転していいのかわからない。だけど、楽しそうな2人がこの車でドライブしていたら、誰もとがめられないかも。

子どもの頃、大好きだったあの乗り物に、また乗りたい。
夢は叶うんですよ!

1976 Mazda Pickup Converted Into A Truck-Sized Radio Flyer [Cool Things.com]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense