SHARE

この天井、どこに繋がっているの? 吸い込まれて時空のかなたに飛ばされてしまいそう。



実は、フォトプリントした3Dダークホールを、LEDライトと組み合わせて天井に施工。実にSF的な異空間が演出されているのでした。ニューヨークのインテリア・リモデルカンパニー、NYCeiling Inc.のリフォーム作品。



天井に、LEDでバックライトを仕込み、その上からプリントシートを張り巡らします。LEDによってRGB変化するため、様々なカラーに光ります。まるで遊園地のアトラクションのようですね。



施工の様子を動画でご覧いただけます。

趣向を凝らしたインテリア。天井だってこだわることができるんですよね。

ルーミーで以前に紹介した「自由自在の天井アートが照明を魅力的にする」も参考にどうぞ。

Fabric seamless stretch ceiling with 3D print “Dark hole” and LED strip lighting [NYCeiling Inc.]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense