「触ってごらん、ウールだよ」

この植物を見ていたら、こんな懐かしいコピーを思い出しました(って言っても80年代以降の方にはナニソレって感じでしょうが)。

こちらは、カランコエ(Kalanchoe)という多肉植物の仲間です。カランコエは数え切れないほどの品種がありますが、冒頭の画像ものは『フクトジ(福兎耳)』といいます。肉厚の葉の表面が細かいうぶ毛でビッシリと覆われていて、まるでウサギの耳のような触り心地なので、このように呼ばれています。こんな葉っぱを見ると、ついつい触りたくなってきますよね。

他にも、フクトジに似たようなの葉の周りが黒い斑に覆われている『ツキトジ(月兎耳)』。




葉の裏側に突起物が見られる『仙女の舞』。(下画像右)

葉の付き方が、蝶が舞っているかのように雰囲気の『胡蝶の舞』。(下画像左)




茶色のうぶ毛の様がベルベットのような『仙人の舞』またの名は『金の卵』。




などの品種が広く流通されています。

葉が肉厚の多肉植物なので、乾燥を好みます。明るく風通しの良い窓際などで育てるほうが良いでしょう。ただし真夏の直射日光は苦手なので、夏の間はカーテンなどで遮光して下さい。また寒さも苦手なので、屋外での冬越しは避けられたほうが無難です。

今回、紹介しましたカランコエはいずれも葉に特徴がある品種です。カランコエには鮮やかなお花が咲く品種もたくさんありますので、別の機会にまたご紹介出来ればと思います。

撮影地:PANCOW/BOTANY

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking