ひらひらした花びらの一枚一枚に、雨のしずくをあしらってみたくなるような美しさ。蝶がうっかり止まってもフシギではありません。

見るほどに、まさかこれがケーキ!? と目を疑いたくなるようなこちらの作品ですが、実際はこのように作られています。




これぞスイーツアートの真骨頂。もったいなくて食べるのに勇気がいりそうです。

[glorioustreats]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

ヨリエ・スディラジェンコフ

ヨリエ・スディラジェンコフ

あわせて読みたい

powered by cxense