んなばかな!

セピア色がノスタルジックで美しいこちらの絵、なんと梱包用に使う半透明のテープを使って描かれています。

ストリートアーティストのMax Zorn氏が制作したもので、ガラスのような透明な素材の上にテープをいくつも重ねて絵を描いています。仕上がった絵は反対側から光を当てて透過させることで、よりいっそう深みが出ます。

制作しているときの動画はこちらになります。

カッターを巧みに使って絵を仕上げています。テープをいくつも重ねることでコントラストを生み出しているんですね。

このアイデアは知り合いの車デザイナーがアウトラインスケッチに細いマスキングテープを使っていたことからヒントを得たそうです。そして、仕上がった作品は町の街灯にこっそりと貼っていたとか。夜になり、街頭に電気が灯ると光を透過した彼の作品が完成すると言うわけですね。

言っときますけど真似しちゃダメですよ!でも、ちょっと見てみたい気も…。

[Max Zorn] [Max Zone – facebook]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense