あの大空を自由に羽ばたいて飛べたら、どんなに素晴らしいだろう。

その壮大な夢は実現し、現代人は「あぁ、空を飛んでこの交通渋滞を回避できたらいいのに」と、とても現実的な夢を抱いてしまうようになってしまいました。



でも、その現実的な「夢」を本当に「現実」にしてしまう、このスクーター感覚の個人ジャイロプレーンPAL-V」はそれこそドリーム・マシンではないでしょうか?



ジャイロプレーンとかスクーターとかの次元を超えて、新世代ビークルとして、カッコイイんじゃありませんか、これ?

日本でも飛べるといいですよね。ちょっと怖そうだけど。

個人で自由に空を飛べるようになったら。これが今の人類の次の壮大な夢なのでしょうね。

PAL-V

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking