とある会場のエントランスにあるビニールテントをソーセージ型にして束ねてしまおうというこの発想は、どうして生まれるのでしょうか。

そこがやはりアーティストの非凡さなんでしょうね。




デザインのグローバル・フォーラム「Design Miami」の会場を覆うこのソーセージ型ビニールテント「Snarkitecture」は、長さや高さの違う”ソーセージ”が公共スペースであるエントランスを不可思議な異空間に演出しています。




デザイナーのDaniel Arsham氏は、「いつも、予想できないような仕方、誰もやらないようなやり方でオブジェクトを演出する」のだとか。




しかも、「ビニールテント」という題材に対して、新たな素材は加えていない、と言います。つまり、単にビニールの形がソーセージの束になっただけで、塗料などの他の素材による加工は無いですよ、ということです。




このプロジェクトに携わった建築デザインのAlex Mustonen氏は、「そこにすでに存在しているものから新たなアプローチを考える」と説明しています。

アートには本当にいろんなアプローチがあるんですね。普段ありえない空間で過ごせば、普段ありえない会話も生まれるかしら。

Drift by Snarkitecture [dezeen magazine]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking