晴れた日に、プカプカと空に浮かぶフワフワな雲。手を伸ばせば触れそうな錯覚に陥ることもあります。

触れなくても、閉じ込めることはできそうです。少なくとも、そんなアートを作ることは可能です。

フランスのフォトグラファーでビジュアルアーティストでもあるLaurent Millet氏は、ガラスの箱に空の雲を閉じ込めてしまいました! タイトルは「Nuées (Clouds)」です。



綿か何かでフワフワな雲を作って箱に入れたものを空にかざして撮影したんじゃないかと一瞬見紛うほど、なんとも不思議な写真ですね。



空を見上げることって、少なくなったような気がします。でも見上げればいつもそこにある。形を変え、色を変え、毎日、新しいアートを生み出している自然の産物。その一瞬は、意識していないと見つけられないのかもしれません。

さあ、カメラを片手に出掛けよう!

Photographer Captures Fluffy Clouds in Glass Boxes [via MY MODERN MET]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense