プロダクトデザイナーMichal Markoさんの、テイクアウト容器のコンセプトデザインが素敵です。

料理を食べ終わったら・・・



蓋に貼られたシールをはがすと、そこには種が!



容器に土とその種を入れて、水をやったら、芽が出てくるまで育てましょう。



芽が出た後に、容器ごとそのまま土の中に入れれば、時間が立つと容器は自然にかえる、というとってもエコなデザインです。



これは、微生物が分解してくれる生分解性の素材で出来ているからなんだとか。



便利で利用する事が多い、テイクアウト容器。

ゴミにならず自然にかえり、緑も増えるなんて、素敵な一石二鳥ですね。

Disposable food bowl

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense