SHARE

七三分けがビシッと決まります(笑)

マスキュリンなファッションの隆盛に伴い、何故か大人気の7:3分け+刈り上げヘアー。今や、ファッション関係者のみならず、有名スポーツ選手もこのスタイルです。

七三分けにしたいと思っていたわけではありませんが、上司に「そのうざい髪型さっぱりしな!」と指示されたこともあり、出張がてら七三分け+刈り上げブーム発祥の地「FREEMANS SPORTING CLUB BARBER」で髪をばっさり切ることにしました。




「ジェントルマン・スタイル」を標榜するバーバーだけあって、すべてが男らしく、各種バリカンを駆使したワイルドなカッティングだったのですが、フィニッシュで理髪師さんがおもむろにとりだし、グイっと撫で付けたのがこの(MALIN+GOETZ)のヘアポーマード。

(MALIN+GOETZ)は、バーニーズニューヨークのコスメティックバイヤーMalinと、スイスの家具デザイン事務所Vitra(ヴィトラ)のディレクターだったGetzがNYで立ち上げたコスメブランドです。デザイン性の高いパッケージとユニセックスなコンセプトで有名なブランドだけに、無骨でアメリカンなこの店では意外な感じがしました。

しかし、日本に戻って同じものを購入してみて納得。これはかなりの優れものです。日本のいわゆるヘアワックスと比べて、ファイバー系独特の無理矢理形づくりました、みたいな感じがなく自然にスタイリングできます。また、ウォーターポマードのギトギトした光沢もなく、ツヤ感が長く保てます。




乳白色、オイルフリーのクリームは伸びもよくベタつきもありません。

メドーフォーム、カナビスシードエキス、大豆など髪にうるおいを与える天然成分を配合。匂いもほのかな柑橘系で、嫌みがない。さすがユニセックス仕様といえるでしょう。

ありそうでなかった使い勝手のいいポマード、自分は思わず5本買い占めました(笑)。スタイリング剤でしっくりくるものがなかった男性諸氏、お試しあれ。

hair pomade.[(MALIN+GOETZ)]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense