SHARE

コーヒーを飲みたいときに立ち寄る場所の1つとして挙げられるのが、お馴染のスターバックス。「スタバ」といえば、どのお店も落ち着いた雰囲気という統一されたイメージが、頭に浮かぶかもしれません。

そんな中、いつもとはちょっと違ったスタバ体験ができる、コンセプトストアがあるのをご存知ですか? その街並みに溶け込み、その場所の文化を受け継ぐ店舗なんだそうです。




太宰府天満宮表参道店は、太宰府天満宮の表参道に面した鳥居の近くにあり、建築家の隈研吾さんの設計。コンセプトは、「自然素材による伝統と現代の融合」だそうで、店内まで続く、伝統的な木組み構造がとても特徴的です。海外のサイトでも、これはステキ! と度々、話題になっていました。




神戸北野異人館店は、明治40年に建てられた2階建ての住宅で、当時はアメリカ人の方が所有していたのだそう。元々の建物を残し、当時を感じることができる建具やフローリングを活かしながら、ラウンジ、ダイニングルーム、ゲストルームなどの各部屋に合わせた調度品を配置しているそうです。お部屋ごとに違う異国情緒を感じながら、美味しいコーヒーをいただくことができるなんて、なんだか贅沢。

他にも、鎌倉御成町店は、「フクちゃん」で有名な漫画家、横山隆一氏の邸宅跡地に建てられていて、横山氏が愛した桜の木、藤棚、プールなどがそのまま残されているそうだし、京都烏丸六角店は、聖徳太子の建立と伝わる頂法寺(六角堂)という古寺のすぐそばにあり、全面ガラス張りの大きな窓が特徴的だったり、京都在住の染色家による着物のタペストリーも店内に展示されていて、京都らしい歴史が表現されているのだとか。

その土地の文化を受け継いだ、こだわりのコンセプトストアで、歴史に思いを馳せながら、コーヒーをいただく。そんな至福の時間をゆっくりと過ごしてみたいものです。

[スターバックスコーヒー ジャパン コンセプトストア]
[隈研吾建築都市設計事務所]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense