SHARE

お裁縫に便利なミシン。

でも使ってみると、手元がよく見えなかったり、なんだか視界が狭いと感じる人もいるかもしれません。それにお裁縫が苦手な人にしてみれば、布の種類や厚みによって、縫う速度をコントロールしなくちゃいけないなんて、なかなか取り扱いが難しいものなのです。

そんな初心者にもやさしいミシンのアイデアが生まれたそうですよ。

18ヶ国で開催されている国際学生デザインコンペの「James Dyson Award」に出品されたミシン「Alto」は、極力無駄なものを省いたデザインにより、視界がぐんと広がり、布地や縫い目が見えやすくなっています。




また縫うときの速度はミシンの下についているゴム足と特許取得済みの力センサー技術により、指で押すことによって制御されるのだそう。

視界が広がったことで、これならミシンが初めてでも、お裁縫が苦手でも、ちょっとやってみようかなと思えるかも。

もっと気軽に。もっと楽しく。洋服作りが身近になりそうなアイデアです。

Alto [James Dyson Award]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense