不安定なように見えて安定してるんです。

こちらの不思議な棚、以前ルーミーでも紹介した「3つの椅子を重ねて作った椅子」を制作したフランス人デザイナーのPaul Menand氏による新作です。

壁から少し離れた位置に浮いている木の箱。この箱は上面と下面を突き抜ける細い2本の棒によって支えられています。これだけでは支えにならないような気がするのですが、棒の先端部分が3点に広がっており、その3点が壁にくっついているため安定した棚になるというもの。



ものを置くとクルンとひっくり返りそうにも見えるのですが、しっかりと固定されているところが不思議です。

こういうデザインに「壁に箱を打ち付けてしまえばいいじゃないか」という意見は御法度。うまく箱のバランスを取りながらも遊び心が詰まったデザインです。

Etagère Parker [Paul Menand]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense