130118ECtrh01

SHARE

冬はセーターでもいいかも。

世界的な建築家やデザイナーたちが「犬と人間の新しい幸福」のために参加しているプロジェクト、それが「Architecture for Dogs」。

その最初の企画として13人の建築家たちがそれぞれの担当の犬に合わせた「犬のための建築」が公式サイトで公開されています。しかも、実際にそれらを作ることができる図面もフリーで共有されています。

今回はその中でもオススメの1つ、トラフ建築設計事務所がジャックラッセルテリアのために作った建築を紹介。その名も「ワンモック」。

飼い主の匂いが染み付いた洋服をハンモックの代わりに使うというもの。大好きなご主人の匂いに包まれるハンモックだなんて、これは犬も嬉しいはず! 季節やお部屋に合わせて着せ替えが出来るところも楽しそうです。

作り方はフレームに使う木の種類によって異なり、2種類の図面が用意されています。公式サイトのほうで作り方と図面がセットになったPDFファイルをダウンロードすることが出来ますよ。

サイトでは、トラフの他にも「坂茂とパピヨン」「隈研吾とパグ」「伊東豊雄と柴犬」などの絶妙(?)な組み合わせによる「犬のための建築」を見ることができますよ。気になる方はご覧になってみて下さい。

これからの企画も楽しみなプロジェクトですね。

[Architecture for Dogs]
[TORAFU ARCHITECTS]

130118ECtrh01

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense