SHARE

ちょっと恐いんですけど…。

自分にそっくりなポリゴン状の顔。これを簡単に作れてしまうのが「Paper-Kit.com」が提供する「Head modeler(ヘッドモデラー)」というウェブアプリ。

用意するのは正面、左側、右側が映った自分の顔写真。その3枚の写真を「Head modeler」にアップロードをすれば、自動的にポリゴン状の3Dデータを作成してくれます。写真をアップするだけでも作れるのですが、口や目の位置などをより細かく設定することも可能。時間をかければかなり正確なポリゴンメッシュが出来上がるはずです。

やっぱり不気味。

仕上がったデータは2ドル支払うことでPDFデータをダウンロードすることが出来ます。あとは、それをプリントアウトして作るだけ。ハサミでパーツごとにカット、指示どうりに山折谷折を繰り返し、それぞれをのり付けすれば完成です。しかし、細かいポリゴンであればあるほど完成させるのはなかなか大変そうです…。

細かい作業です…。

公式サイトのリンクはコチラになります。詳細が気になる方はご覧になってみて下さい。

子供の頃、藤子F不二雄の「パーマン」に出てくるコピーロボットに憧れたものです。コピーロボットが開発されるまではまだまだ時間がかかりそうですが、「自分の分身」への欲求はこれからも様々なサービスを生んでいきそうな気がします

[Paper-kit.com]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense