SHARE

木の上のホテルだとか、海の中のホテルだとか、氷のホテルだとか。世界中を見渡せば、もはや泊まれない場所なんてないのかもしれません。

今回ご紹介するスウェーデンの「STF Kolarbyn」は、電気も水道もない、森の中の穴ぐらのようなロッジを持つホテル。そのロッジの姿は、コケや木や枝が茂り、森の中に溶け込んでいて、まるで動物のおうちのよう。

お部屋の中には、羊皮の柔らかいラグと硬いベッドが2つ。それに暖炉とロウソクとマッチ。自分で木を割って、薪を作ります。




夜は暖炉とロウソクの灯りで、静かな時間を過ごすことができそうですね。

ご飯はたき火でバーベキュー。

キャンプほどアウトドアではないけれど、それでも過度なサービスなんて、どこにもありません。

日が沈んだら眠り、木のざわめきや鳥のさえずりを聞きながら朝を迎える。そんな風に過ごしたいのであれば、きっとピッタリなホテル。

たくさん深呼吸ができそうだね。

STF Kolarbyn [Svenska Turistforeningen]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense