SHARE

人間の体は、赤ちゃんで体重の75%、成人は60~65%が水で満たされているのだそう。

体の隅々まで、酸素や栄養、ホルモンを届けたり、老廃物を運び出す役割を持つ血液もその多くに水分が含まれているし、その他、内臓の働きに必要だったり、体温を調節したりと、何かと必要な水分。

だけど私たちは発汗や利尿はもちろん、呼吸をしたり、皮膚からも日々水分を排出しています。

ということで、水分をしっかり摂ることは大事だけど、食事以外の時間に定期的に水分を摂るのは難しいという人々のために作られたのが、「drinkitnow」という名の水差し。水を飲むタイミングを教えてくれるんです。




水差しには、時間と飲む分量の目盛りがついているので、1時間ごとにその目盛りまでのお水を飲みます。1回で飲む量は250mlだから、無理なく飲める量ですね。ちなみにコップにはこんな目盛りが。




朝の9時から飲み始めれば、お昼12時までに4回で1リットル、午後にも同じように4回飲むことで、合計2リットルの水分を摂り入れることができます。

もちろん1日の中で合計した水分量がしっかり補給できていればいいので、食事の時にたくさん飲む、運動の時にたくさん飲むということであれば、水差しで飲む量はコントロールするといいかも。

この瞬間も、体からは水分が失われています。だからこそしっかり水分補給して、干からびないようにしたいものですね!

[drinkitnow]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense