美味しいコーヒーをおうちで楽しむために、コーヒー豆の選び方にこだわりを持っている方は多いでしょう。

しかし、たくさんのバリスタを育てたトレーナーのErin Meister氏によると、それだけではまだ不十分。いくら良い豆を使っても、フィルター選びが間違っていたら元も子もないそうです。

フィルターを選ぶ際にチェックすべきポイントは次のふたつ。

・フィルターの底の形がどうなっているか。円錐形かまっすぐか
・使い捨てのペーパーフィルターか、洗って使うペーパーレスフィルターか

使用するコーヒーメーカーによって使える形が異なるので、しっかり確認しておきましょう。また、使い捨てにするかどうかは、「環境への配慮」と「己のメンテナンス能力」を秤にかけて選べば良いそうです。

さらに先生によると、

使い捨てのペーパーフィルターを使って、ChemexやMelittaの “手でお湯を注ぐドリップ式のコーヒーメーカー” を使う場合には、ドリップする前にフィルターを熱湯で濡らしておいてください。

とのこと。これによってコーヒーの風味がきちんとカップに落とせるのだそうです。

ネタ元のライフハッカー日本版では、より詳しい情報とともに原文が紹介されていますので、ご興味のある方はぜひこちらもあわせてどうぞ。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense