SHARE

あのデヴィッド・ボウイが、1月8日にニュー・シングルをサプライズ・リリース。「Where Are We Now?」と題された楽曲で、自身の66歳の誕生日に世界119ヶ国に一斉配信されました。

オフィシャルサイトによると、「Where Are We Now?」はボウイ自身が書いた楽曲で、長年に渡るコラボレーターのトニー・ヴィスコンティがプロデュースしたとのこと。レコーディングはニューヨークで行われたそうです。

リリースと同時に、ボウイのベルリン時代(1970年代後半)を思わせる、トニー・アウスラーが手掛けたミュージックビデオが公開されました。ビデオの中で半実写、半人形のボウイが覗いているのは、彼が住んでいたアパートの下にある自動車修理工場の荒涼とした風景。“Where Are We Now?(僕らは今どこにいる?)”と投げかけ続ける歌詞が印象的です。

さらに3月12日(日本盤は13日)には、10年ぶりのニュー・アルバム『The Next Day』がリリースされることも決定。ジョナサン・バーンブルックによるアートワークは、1977年のアルバム『“Heroes”』のジャケット写真が白いボックスで隠された、何とも意味深なもの。


バーンブルックはブログの中で、このデザインが“最新の”素晴らしいポップ/ロックのスピリットを意味しており、過去を忘れる、または消し去ることを表現しているのだと説明しています。

一時は引退説までささやかれていたボウイからの突然の新作は、本当にうれしいサプライズ。インターネットの包囲網が張り巡らされた現代において、一切情報がリークしなかったなんてすごいですね。

「Where Are We Now?」の配信と『The Next Day』の予約はiTunes Storeで実施中です。

David Bowie – Where Are We Now? [YouTube]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense