「今日は月が大きくて、手が届きそうだね」
「届きそう? 届くんだよ」

このライトがあれば、そんなロマンティック(?)な会話を楽しむことができますね。「ほら、空から三日月をとってきてあげたよ」なんて素敵(?)なフレーズに、グッとくる女性もいるかもしれません。

そんな憎い演出(?)をしてくれるかしてくれないかわからないライト、Leonid Tishkovさんが制作した「Private Moon」という作品で、ライトというよりはインスタレーションのようです。






普段の生活に取り入れるだけで、まるで小説の中から飛び出してきたワンシーンのようになりそう。

ラブジェネレーションのリンゴが思い出されますね。

EL CUENTO DE HADAS DE LA EXISTENCIA [Leonid Tishkov]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking