SHARE

カリオストロ公爵のようなお金持ちは、黄身だけをすくって食べます(笑)

“温玉”こと温泉玉子も人気ですが、殻をスプーンでカチンと割って、黄身を中心にすくって食べるクラシックスタイルの半熟卵はやはり絶品。パーフェクトなゆで加減の半熟卵はカスタードクリームのようにトロトロな食感です。塩をちょっとかけるだけで美味しい!

theKitchnが、この殻付き半熟卵の調理法を紹介しています。

[器具]
・ソースパン(柄のついた深めの鍋)
・スロッテッド・スプーン(穴じゃくし、穴あきおたま)


ソースパンに半分まで水を入れ、ぐらぐら沸騰させる。


急激に蒸発して水が減らないよう、火を弱め温度を下げる。卵をやさしく湯の中に入れる。


ゆでる時間は5分から7分。軽く沸騰させる。この後冷たい水に30秒から1分つけて終了。

[調理のポイント]
・黄身がとろとろの状態を目指すなら5分、固ゆで卵に近い状態なら7分がめやす。
・ゆで時間はあくまで目安。気温など諸条件によって左右される。
・冷蔵庫から出したばかりの冷えた卵だとやや時間がかかる(常温のほうがベター)。
・冷たい水につけるのは白味と殻を分離しやすくするため。

※固ゆで卵の場合のレシピはこちら

それでは明日の朝食で。Let’s カリオストロ!

How To Soft-Boil an Egg[theKitchn]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense