SHARE

岩手のデザイン福祉食器「てまる」。

福祉の世界では、不自由を補うという役割として介護食器がよく使われています。

それだけで良いのか? という思いから生まれたのが「てまる」プロジェクト。「すべての人に”美味しい”を」というテーマを掲げ、食器を通じて、楽しさ、美しさを感じてほしい、という思いが込められています。

使い手や作り手、高齢者、障がい者、子ども、家族…たくさんの人の「手」が輪(まる)となってつながり、「人と人」、 「人と社会」の結びとなってほしいという願いから誕生した器たち。

土や木の器や木のスプーンなど優しい口当たりと暖かさを感じるデザインで、岩手の職人がひとつひとつ手作業で大切に作っています。2011年のグッドデザイン賞作品です。

デザインもさることながら、熟練の手わざが効いている食器たちは、すくいやすい持ちやすいといった介護食器としても点からも優れています。

毎日の食卓で使う、という実用面へのこだわりが静かに感じられる食器です。

TeMaru

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense