Chim↑Pom、しりあがり寿、エンライトメント、珍しいキノコ舞踏団、若木信吾などアート、グラフィック、ダンス、ミュージシャン、写真家などジャンルを超えたメンバーが名を連ねるプロジェクト、「T-SHIRTS AS MEDIA“Rockin’ Arrow”」



発起人は、選曲家、音楽プロデューサー・コント 作家・放送作家・雑誌編集者・選曲家など様々な顔を持つ桑原茂一氏。彼が編集長を務めるフリーマガジン、「ディショナリー」の創刊以来、30年近く「T-SHIRTS AS MEDIA」の活動は行われてきました。

東日本震災を契機に「T-SHIRTS AS MEDIA“Rockin’ Arrow”」と改名し、桑原氏の意向に共鳴したアーティスト達85名が命を救う矢印(Rock n’ Arrow)を モチーフにしてTシャツをデザインしています。

これからの将来がどう進むか、という問題定義も含めたダブルミーニングのサインです。

現地に根付く団体による被災地支援など、アーティスト自身が自ら考え選出した団体へ、売上の一部が寄付されます

全てのデザインに意味や意義があり、買う喜びと誰かを助けるダブルの喜びがあるTシャツ。それを身につけることで、社会へメッセージを発信するという素敵なアクションにつながります。あなたもぜひ参加してみませんか。

これからも参加アーティストが増えていく予定なので、今後の活動に注目です!

CLUB KING

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking