稲崎 吾郎

稲崎 吾郎

57

すごい威圧感です。

アメリカのデザイナーTauba Auerbach氏が制作したこの『RGB colorspace atlas』はその名の通り、色のことがよくわかる見本帳となっています。

ハードカバーのついた一辺が20cmあるキューブ上の見本帳。全部で3種類あり、それぞれの本が異なるRGBの色彩配合で作られています。



デジタルオフセットでグラデーション模様に印刷されたページ枚数は、なんと3632ページ。ペラペラとめくって楽しんでもいいし、適当なところで開いておくだけでも十分にオブジェとして存在感があります。

でも、印刷ってCMYK配合ですよね? 本でRGBを表現するっていっても…。うーん、色の世界は奥が深そうです。

The RGB Colorspace Atlas [JEANNIE JEANNIE]

稲崎 吾郎

神戸生まれ。アート/インテリア/ライフスタイルを中心に様々なメディアで執筆活動を続けるフリーランスライター。数十社以上のメディアでの企画/編集/執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。幅広いフィールドで執筆活動を続けている。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking