デザインには意味があるんです。その結論が「40」。

みなさんは洗った後のマグカップをどのようにして乾燥させていますか?

上を向けて置くと、カップの底に水滴が溜まってなかなか乾かないし、埃などがはいらないか心配になります。かといって、下をむけて置くと密閉状態になってこれも乾きにくい。そのうえ口をつける縁の部分が地面に接するので、衛生的じゃない感じもします。




こんな風に考えた人は少なくないはず。これを一気に解決したのが、把っ手だけで自立するよう設計された「Bevel Cup(傾いたカップ)」なんです。自立の角度40度は、埃をかぶることを心配せず、カップの内側を乾燥させるための十分なスペースを確保します。




Bevel Cupは、2012年レッド・ドット・アワード:デザインコンセプト展の大賞を受賞しています。製品化が待ちどおしいですね。

Bevel Cup[YANKO DESIGN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking