世の中には器用な人がいるものです。割れやすい卵の殻が、こんなに繊細なヴィクトリアンレース模様になりました。

こちら、特別なテクニックを使っているわけではありません。イリノイのアーティスト、Beth Ann Magnusonさんが、卵にパパパッとレースの模様を描いていき、それを、電動の彫刻刀で彫り進めていきます。




あらかじめ綿密なデザインがされているというよりは、感性でデザインし、感性で彫るという、その技量が素晴らしいのです。

動画はこちら。

いやはや、本当にこれはあのすぐに割れてしまう卵なんでしょうか。
こんなステキな姿に変身させてもらって、卵も嬉しいだろうなぁ。

Hand-Carved Victorian Lace Eggs [CMYBacon]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense