SHARE

これぞ日本のトイレ技術の最先端!? スマートフォンとウォシュレットトイレとプラズマクラスターの夢の競演!?

好みの洗浄強さや位置などをスマートフォンに記憶させたり、Bluetoothでトイレのフタの開閉や水を流したり、スマホにダウンロードした音楽をトイレ本体から聴ける何ともスマートなトイレが2月に新登場。




さらに専用アプリを通じてトイレの水道代・電気代の目安を調べたりすることが可能だったり、日々の排便状況を記録することで健康管理ができる「トイレ日記」というものも搭載されるらしいですよ。ただし、ひとまずはAndroid版のみの提供とのこと。

シャープのプラズマクラスターも搭載。便フタを閉じた状態で便器鉢にプラズマクラスターイオンを放出して、便座裏の付着菌や浮遊カビ菌をしっかり除菌、しっかり脱臭!

お値段は36万2250円~38万9550円。日本が誇る最新ウォシュレットトイレにプラズマクラスター搭載、さらにスマートフォン対応、もう日本の妙技の限りが尽くされているわけですからこのくらいしますよね。

[LIXIL | ニュースリリース]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense