SHARE

1粒口に入れれば、そのほわっと広がる甘さに幸せな気分になるアメ。でも、どうやらそのアメもいまや「粒」に限らず、色々な形に進化しているようですよ!

安政四年に創業した老舗「あめやえいたろう」のアメは、伝統を守りつつ「アメ」という概念を破った、かわいくて美しい、そして楽しいものばかりなんです!


基本の「えいたろうあめ」は、江戸時代から150年変わらない味。


「天使のおしゃべり」は、とろりとしたみつあめ。お湯に溶かしてもおいしいそうですよ。


「羽一衣(はねひとえ)」は、板状のアメ。


「A massage」は、文字の書かれたアメ。想いを伝えられそう。


「スイートグロス」は、まるで、グロスのよう。混ぜて食べると新しい味と出会えそう。


「スイートリップ」は、リップのようなアメ。江戸の女の子たちはグロスの代わりにアメを唇に塗っていたとか。

カラフルで味も形もさまざま。この他にも天然果汁が入っていたり、こだわりの素材を使っているアメもあります。アマゾンからも購入できますよ。

見ているだけでなんだかウキウキしてしまうアメの世界。贈った人も贈られた人も、子どもも大人も、みんな笑顔になれる。

そんな新しいアメ体験してみませんか。

あめやえいたろう

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense