人は「便利さ」を手に入れ、「ズボラ」になるために進化してきたのかもしれません。

今回、ご紹介する「Dressed to Sit」は、そんなズボラ界に生きるみなさんには、きっと無くてはならないイスです。

それは、洋服として着ることができるイス



すその方に穴が開いたクッションがついているので、そこに座ることができます。つまり、普段からイス付きのドレスを着て生活し、座りたくなったらいつでも座ってしまえばいいのです。

どうです? ズボラでしょう!?

おうちの中なんだから、床に座ればいいじゃない、とか、ソファまで歩こうよ、という声が聞こえてきそうですが、ズボラを追求したらこうなったというわけです。

洋服にしてもイスにしても、引きずって歩くのってちょっと抵抗ありますよね。これは本当に必要なのだろうか…、などと思いつつ、世の中に無駄なものは1つもないんだ! と自分に言い聞かせてみるのでありました。

実は、デザイナーさんのサイトではアートとして紹介されていたので、実用的なものではなく、おそらく芸術として楽しむ作品のようです。いや、意外に実用化したりして。

Dressed to Sit via [yatzer]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense