SHARE

数字ではなく、肌で直感的に感じることが出来ます。

アーティストのRobb Godshaw氏がもっとイマジネーションを刺激するような天気予報はないかと考え、制作したのがこちらのキューブ型の温度計。

アルミで出来たこのキューブ型温度計「Cryoscope」は、オンライン接続により近くの天気予報のデータを取得。そして、このキューブの表面温度を外の気温と同じに変化させます。つまり、このキューブを触って外の気温を頭の中で想像するというもの。

通常のキューブの表面温度は一般的な室温(23℃)に常に保たれます。そして、今日の天気予報が15℃だとしたらキューブは今よりもー8℃冷たくなり、予報が30℃であれば+7℃表面温度が上昇するという仕組みになっています。実際にはキューブの表面温度と気温にはわざと誤差をつけて、より感覚的な設定になっているそうです。

もちろんこちらのプロダクトはまだ試作品ですが、Robb Godshaw氏は発売を真剣に検討中とのこと。これがあれば「外に出てみると予想よりも寒かった」みたいなこともなくなるかも?

便利かどうかは別にして、こういう直感的なプロダクトって面白いです!

What If You Could Touch and Feel the Weather Forecast? [Apartment Therapy]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense