ただ、ノートパソコンは入れたくないですね。

ブラジルのデザイナーGustavo Brenck氏が制作した「Gig Pack」というリュックサック。ものの5分もあればキックボードにトランスフォームするというもの。

ハンドルとなるポール部分をのばし、背中のジッパーを開ければ足を乗せる板が出現。あとは後輪を取り付けるだけでキックボードに早変わりします。




前面にはアルミのフレームが鞄を保護、キックボード時の耐荷重は約90kgぐらいまで大丈夫のようで、意外と本格的に使うことができそうです。もちろん普段の荷物量であればリュックサックとしても十分使えます。

移動はキックボード。人の多いところ、バスや電車ではリュックサックと使い分けてはいかがでしょう。でも、キックボードって折りたたみさえすれば、そのまま交通機関に乗り入れできますよね。よく考えるとなぜ一緒にする必要があったのか?

でも、乗っているときは楽そうです!

scooter backpack [designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking