今回もいい感じにトランスフォームしていますねぇ。

AntiVJは、イングランドのブリストルを拠点とした、プロジェクションマッピングやインスタレーションの制作で知られるグループ。以前ルーミーでも彼らの作品「Omicron」を紹介したことがありましたね。

今回紹介するプロジェクションマッピング「Déshérence」は、フランスのアンギャン=レ=バンのシティホールが舞台となっています。

「Déshérence」は「休眠」という意味を持つフランス語なんだそうですが、他にも「オーナーにより捨てられた財産」などを指して使われるそうです。

この作品もプロジェクションマッピングの醍醐味「トランスフォーム」が大いに楽しめますね。僕のオススメは3:48からですね。7:00から最後まで畳み掛ける感じも捨てがたいですが。

プロジェクションマッピング好きはまだまだやめられない。

[Vimeo]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense